アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

ヘラートにて保健・医療従事者養成のための施設整備事業を開始しました!

助産師養成学校の新生児ケア研修の風景(現在は西部地域拠点病院を借りて授業を実施しています)ワールド・ビジョン・ジャパンは、今年1月より、アフガニスタン西部のヘラート州において、主に看護師や助産師を養成する施設の整備事業を始めました。

アフガニスタンでは、30年にわたる紛争と度重なる自然災害により、紛争前に建設された病院や看護学校といった保健関連施設の多くが現在でも破壊されたままで、正規の資格を持った医師や看護師などの保健・医療従事者も絶対的に不足しています。

2003年には妊産婦死亡率が世界最悪の水準に達したとこともあり、特に助産師、看護師などの養成が、妊産婦死亡率の低減、また、女性および新生児の健康状態の改善のために急務です。

ワールド・ビジョンが支援している助産師養成学校の卒業式の様子へラート州では、公衆衛生局の傘下にある保健科学院が、保健・医療従事者の養成を行っていますが、専用の校舎施設がなく、現在は他の施設を借りるなどして教室を確保し、なんとか授業を実施している状態です。3年ごとに実施されるべき助産師・看護師への再研修も、現在は不定期にしか行われておらず、医療現場で働く人の多くが、古い医療知識や技術しか持ち合わせていません。

このため、へラート州及び周辺地域住民への保健サービスの拡充、特に、母子保健サービスの改善を目指し、保健・医療従事者を養成する施設の整備を進めています。

ワールド・ビジョン・ジャパン