アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

識字教室・手工芸品教室裨益者ガイドリアさん

識字教室・手工芸品教室裨益者ガイドリアさん

はじめまして、私はガイドリアといいます。私は現在、夫と夫の親族、そして4人の子どもたちとヘラートで暮らしています。

かつて私は、簡単な文章や薬の箱に書かれた名前さえ読むことができませんでした。私はかねてより、読み書きができるようになりたいと強く希望しており、夫も識字教室に行くことを勧めてはくれましたが、私たちが暮らす村ではそのような教育支援は行われていませんでした。
そのためジャパン・プラットフォームとNICCOにより、非識字者である女性のための教育支援が私たちの村で開始されると聞いたときは、大変嬉しく思いました。夫にそのことを伝えると、彼も大変喜び、ぜひとも参加するようにと言ってくれました。
2年間に及ぶ識字訓練の結果、私は読み書きすることができるようになりました。

識字教室の他にも、私はジャパン・プラットフォームとNICCOの支援による手工芸品教室にも参加しました。この教室ではタブロと呼ばれる室内装飾品の制作方法を学びました。現在私は、タブロの制作やその技能を応用して女性用衣料品の装飾を行うことで、収入を得ています。

タブロ
タブロ

衣料品の装飾
衣料品の装飾

夫や夫の家族は、識字教室と手工芸品教室への参加を通して、私が以前とは見違えるようになったと、大変喜んでくれています。私自身、家庭内外での私の社会的な役割が大きく変化したことを感じています。

以前は、家族と些細なことで衝突することがしばしばありましたが、識字教室などの教育支援を通して、論理的に考え、行動することを学ぶことができたおかげで、そのような諍いを避けることができるようになりました。

私は日本の方からのあたたかい支援に心から感謝しています。みなさんがアフガニスタンに手を差し伸べてくれることにより、多くの女性や子どもたちの人生がとても良い方向へと向かっています。

2015年8月15日
日本国際民間協力会(NICCO)