アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

イラン人スタッフのアフガニスタン出張報告:
   現地に根付く、自立のこころ!

NICCOは、アフガニスタン西部のヘラート州およびゴール州の事業を、隣国イラン・マシャッド市から遠隔で実施しています。マシャッド市からヘラート市までは飛行機で30分、車で国境を越えても5時間という近さ。それでも、治安が不安定なため、日本人スタッフは渡航できず、近くて遠いアフガニスタンです。こうした状況の中、事業を大きく支えてくれているのがイラン人スタッフの存在。今回は、2013年9月に事業のモニタリングのため、ヘラート州に出張したイラン人スタッフの声をお届けします。

2013年5月から勤務を開始したマリヤム。その聡明さと行動力は事業に欠かせない存在です。
2013年5月から勤務を開始したマリヤム。その聡明さと行動力は事業に欠かせない存在です。

NICCOの事業に携わって数ヵ月。写真や報告書で事業の様子を見てきましたが、次第に私は実際に現地に赴き、事業の成果をこの目で見てみたい、一緒に働くアフガニスタン人スタッフに会ってみたい、そして、同じ言葉を話し、同じ文化を共有するヘラート州の人たちに会ってみたいと強く願うようになりました。もちろん不安もありました。報道で見る限り、アフガニスタンはこれまで私が行ったどの場所よりも危険が伴うものだと思いました。

ですが、ヘラート市に到着し、自分の瞳に映った街並みは、色鮮やかなリキシャ(3輪の車)に彩られ、まるでアフガニスタンの音楽のように生き生きとしていました。埃と壊れた建物の合間に、色鮮やかな街並みとたくさんの子どもたちを見て、この街は戦争の傷跡から懸命に立ち上がろうとしているのだと感じました。

ヘラート市内の様子。真ん中の3輪の車がリキシャです。
ヘラート市内の様子。真ん中の3輪の車がリキシャです。

通りには野菜や果物、洋服などのお店と露店が並び、市内はとても賑わっています!
通りには野菜や果物、洋服などのお店と露店が並び、市内はとても賑わっています!

モニタリングのため識字教室を訪問し、たくさんの女性と子どもたちと話をしました。識字教室では、教育の機会を持つことができなかった成人女性の他にも、近くに学校がないため学校に通うことができない少女や、早くに結婚したため学校に通うことが出来なかった若い母親も、赤ちゃんを連れて勉強していました。女性の多くは初めは緊張していたもののすぐに打ち解け、読み書きを学べることをどんなに幸せに思っているか、識字教室を卒業したら学校に通いたいという夢など、いろんな話をしてくれました。識字教室は地域の協力者の家を借りて実施されており、どの教室もまるで家庭のようなあたたかい雰囲気に包まれていました。

識字教室のモニタリングを行うマリヤム
識字教室のモニタリングを行うマリヤム

識字教室に通う生徒の娘さん。かわいいですね!
識字教室に通う生徒の娘さん。かわいいですね!

農業支援で実施しているぶどうの加工事業(レーズン作り)のモニタリングに行った時には、女性が自分たちで加工したレーズンを見せてくれ、今年のレーズンがどんなに輝いているか、どんなに良い出来栄えかを競って話してくれ、本当に嬉しかったです。

ぶどうの加工事業に参加している女性から、たくさんのレーズンを頂きました!
ぶどうの加工事業に参加している女性から、たくさんのレーズンを頂きました!

ヘラート州の女性、特に農村の女性は一般的にとても保守的ですが、事業に参加している女性たちは自分たちのことやさまざまな問題を自然と話してくれ、他の女性に自分の意見を述べていました。特に農業や刺繍教室などで収入を得た女性は自信に溢れており、自分が家族の生活の一助になっていることを力強く話してくれました。

識字教室で自分が書いたエッセーを発表する女性
識字教室で自分が書いたエッセーを発表する女性

刺繍教室で女性たちが刺繍を施した作品
刺繍教室で女性たちが刺繍を施した作品

女性の多くは、単なる物資配布ではなく、知識と技術の移転に力を入れているNICCOの活動に感謝しており、その前向きな姿勢を見て、まさにNICCOが目指している自立支援が女性たちに根付いているのだと感じました。そのことは、モニタリングを行った自分にとって、最も印象的だったことの1つでした。NICCOの事業、そしてヘラート州の美しい太陽の光が、アフガニスタンの人びとにたくさんの笑顔をもたらしてくれているのだと、そう実感した初のヘラート出張でした!

テントで勉強する子どもたち

テントで勉強する子どもたち。「子どもたちの瞳がとてもきれいだった!」と、マリヤムが嬉しそうに話してくれました。

日本国際民間協力会(NICCO)