アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

バグラーン県での洪水

アフガニスタンの80%は山岳地帯であり、その地形は洪水が頻繁に起こる理由の一つとも言われています。山間部での洪水は毎年、農地や建物、自然資源に深刻な被害をもたらし、人々の命を奪います。

近年アフガニスタン北部の洪水の原因は季節的降雨ではなく、日常生活に必要な木を手に入れるための、村人による森林の伐採や土地の乾燥が原因となっています。

アフガニスタンで洪水の被害を受けやすいのは、洪水が起きた時の水の通り道となる土地に家を建てた人たちです。これらの人々は洪水のリスクを認識しておらず、深刻な景気悪化が理由で、やむを得ずに山の斜面や丘に家を建設してしまったのです。

カシームさん
カシームさん

今年の洪水は、バグラーン県においてこれまでで最も大きな被害をもたらしました。中でもグザルガ・ヒ・ナウ地区は最大の被害を受け、村の民家は破壊され、数百名の死者がでました。

グザルガ・ヒ・ナウ地区の長老のカシームさんは、「洪水で女性や子どもを含む多数の人が多数の人が亡くなり、家屋も破壊された。災害から生き延びた村人たちは野外で暮らしていて、支援を必要している」と訴えました。

グル・アガーさん
グル・アガーさん

ジェンはジャパン・プラットフォームの助成を受け、バグラーン県の被災者へテントを配布し、洪水防壁を建設しました。家を失ったグル・アガーさんは、日本からの支援に感謝の気持ちを表し、「次回災害が発生した時に備え、洪水防壁を整備してくれたことに感銘を受けた」と言って下さいました。

2014年9月16日
JEN