アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

ディン・ボブライさん

パキスタンの連邦直轄部族地域(FATA)南ワジリスタン管区は①ラドハ、②セルウォカイ、③ワナの3つの地区に分かれており、ラドハとセルウォカイでは今もなお戦闘が続いています。2008年から2009年にかけての激しい戦闘により、ラドハとセルウォカイではほぼ全人口が、パキスタン国内の様々な地域へ避難を余儀なくされました。その多くは同管区のワナ地区や隣接する北ワジリスタン管区、デラ・イスマイル・カーン県、タンク県などで避難生活を送ることになりました。

ボブライさん一家ディン・ボブライさんは、南ワジリスタン管区のティアルザ郡出身です。出身地での彼の職業は日雇い労働者で、4人の娘と5人の息子がいます。長男は15歳で、カラチでガイドとして働いています。上述の戦闘の影響で、ボブライさん一家は南ワジリスタン管区のワナ地区シャカイ郡まで、一昼夜かけて歩いて避難しました。それから5年間、ボブライさん一家はテント暮らしを続け、日雇い労働で生計を立ててきました。

南ワジリスタンの治安状況は2012年12月に一層悪化し、新たな戦闘によって、ワナ地区からも約5,000世帯の避難民が発生しました。ボブライさんもその中の一人で、最初の避難先であったワナ地区から更に避難を余儀なくされました。現在は、デラ・イスマイル・カーン県のパロア郡、ミラン地区の村に避難し、テント生活を続けています。WFPからは食糧の支援を受けているものの、他の人道支援機関からの支援は一切受けられていません。

ジェンスタッフ(写真右から2番目)とディン・ボブライさん(写真左から2番目)ジェンスタッフが調査で訪れた際、ボブライさんはジェンスタッフに話しました。「故郷での紛争で財産をすべて失い、もう私も家族も完全におしまいです。たとえ2-3世代かかっても、私の財産を取り戻すことは不可能です。故郷に帰るより、避難民として生きていくほうがまだましです」

また、「私と息子が家族全員を養わなければならないんです。私の妹も、夫を亡くした後一緒に暮らしていますが 、妹は目が不自由で、その薬代を私が全部まかなっているんです」とも言いました。

ボブライさんによると、新しく流入してきた避難民の人たちの多くが、シェルターや収入、生活に必要な基本設備の不足により、遊牧民のように転々と移動を余儀なくされています。そのような生活を続けてきたため、ピリピリして落ち着かない精神状態にあるといいます。
新たに流入してきて、支援を受けられない多くの避難民は、人道支援機関や政府からの援助を待っています。ジェンは今年、ボブライさんが暮らす地域を対象に、ヤギの配布による生計復帰支援を実施します。

JEN