アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

ナンガハル州での女子教育支援

CWS Japanは来年より、ナンガハル州ベスード地区にある女子校での支援を始めることを検討しています。この地区の女子校では学校に通わない女の子が多くいます。その理由は、コミュニティの人々の女子教育への理解が低いことや、貧しいこと、学校が遠いこと、教育の質が低いなど様々です。
CWS Japanでは、こういった状況や現地の人々の学校教育に関するニーズを受けて、教員の研修やコミュニティの人々に女子教育をもっと理解してもらうための講習、通学カバンや筆記用具等の配布を行う予定です。

通学カバンが欲しいと話してくれた女の子。今は代わりにビニール袋を使っています。
通学カバンが欲しいと話してくれた女の子。今は代わりにビニール袋を使っています。

きちんとトレーニングを受けた教師は少なく、一方的に教える授業が殆どです。青空教室で授業が行われることも多々あります。
きちんとトレーニングを受けた教師は少なく、一方的に教える授業が殆どです。
青空教室で授業が行われることも多々あります。

授業を受ける女の子。1枚しかない紙にノートを取っています。
授業を受ける女の子。1枚しかない紙にノートを取っています。

以前と比べるとアフガニスタンでは女の子が学校で学べるようになってきていますが、女子教育の推進については、まだまだ課題が多くあります。来年からナンガハル州の女子校でより多くの子どもが質の良い教育を受けられるように、ジャパン・プラットフォームの助成金で支援を行いたいと考えています。

2014年12月1日
CWS Japan