アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

学校校舎完成!!~現地からの嬉しい声~

学校校舎完成!! ~現地からの嬉しい声~

ADRA Japanは昨年度バーミヤン州に5つの学校校舎を建設しました。
さっそくバストゥーク中学校の児童と保護者の声が届きましたのでご紹介します。

小学2年生 アッキラちゃん(女子)

インタビューを受けるアッキラちゃん(中央)
インタビューを受けるアッキラちゃん(中央)

Q お名前と学年を教えてくれますか?
A 私の名前はアッキラです。2年生です。
Q アッキラ、この学校を誰が建ててくれたか知っている?
A いいえ、知らないわ。でも、その人たちにとても感謝してる。
Q 今まではどこで勉強していたの?
A テントの下とか、屋根もない砂漠の砂の上とか。
Q 新しい学校で勉強してみて、どう?
A とっても嬉しい!嬉しくない子なんていないわ。熱い日差しもないし、服も汚れないもの。
Q 好きな科目?将来なりたい職業は何?
A ダリ語(国語)の授業が好き。将来は、警察官になりたいの。
Q この学校は好き?
A 好き!ここはお城みたい!私もクラスのみんなもこの学校が大好きよ。
Q この学校を建てたJPFとADRAにメッセージを!
A ありがとう。とても感謝しています。

通学している児童のお母さん マスマさん

インタビューを受けるマスマさん
インタビューを受けるマスマさん

Q お名前を教えてください。
A マスマと申します。
Q マスマさん、この学校は誰が建設したかご存知ですか?
A はい、日本の方々です。
Q この学校ができて、どんな気持ちですか?
A この新しい校舎を見てとてもうれしいです。私も学校に行きたかったです。もう通学するような年齢ではないですけど。
Q 学校ができて、お子さんを含めて生活が変わりましたか?
A 以前は外で勉強していましたが、今は教室と備品のある新しい学校ができて、みんな幸せだと思います。
Q お子さんたちに何を期待していますか?
A 通学して、勉強にベストを尽くしてほしい。勉強をすれば自立できるようになります。将来立派なキャリアを持てるし、コミュニティの人たちの生活をよくするための助け手にもなれます。戦争も終わったし、国を立て直すときがきています。医師も、エンジニアも、教育者も必要です。私の子どもたちには医師やパイロット、または教師になってもらいたいです。
Q 子どもたちを学校に通わせていない親へのメッセージはありますか?
A 戦争は終わったのだし、子どもたちにいい人生を送ってほしいなら、学校へ行かせるべきだと言いたいです。学校に通っていない子どもたちの多くは、家畜の世話をしています。それでは教育の恩恵を受けられません。時間が経てば経つほど、学校で勉強するには手遅れになってしまいます。
Q JPFとADRAへメッセージがありますか?
A 学校を建ててくれたことに感謝しています。今日行われた開校式のことはずっと忘れません。

2014年10月1日
ADRA Japan