アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

アフガニスタンにおける女子教育の未来のために

ADRAの教育事業の対象はアフガニスタンで最も弱い立場にある少数民族・宗派ハザラ族、山岳僻地バーミヤン県に住む子供たちですが、この中でも特に脆弱な存在は、タリバーン時代のイスラム原理主義の下で教育・就業が禁止されていた女子児童です。

広陵とした山脈地帯にあるバーミヤンの学校建設現場 青空教室で勉強するアフガニスタンの子供たち。イスラム教徒特有のスカーフを被った女子生徒の姿も見える。

アフガニスタン政府は「皆がアクセスできる、子供に優しい学校(Inclusive and Child Friendly School)」を目指していますが、どうすればこのような学校を実現できるかは、その土地の治安状況や政治、経済、社会、文化的背景を考慮して検討しなくてはなりません。

タリバーン時代は去ったものの、イスラム文化の影響が強いアフガニスタンでは、女児は現在も学校へのアクセスを様々な面で制限されており、女子生徒が安心して勉強できる学校づくりは同国における教育支援事業の要です。ですから、ADRAは女子校の建設、女児の衛生面に配慮した洗面所の設置、女児の情操教育に適した図書の選定、女性教員の能力強化研修などに特に力を入れています。

ADRA Japan が建てた高校の図書室で一番人気の本は「愛について」。やはり女子生徒の人気が高い。 先生の話を聞いて熱心にノートを取る女子生徒たち。

アフガニスタンの未来のために、女子生徒全員が思う存分楽しめる学校づくりを目指し、ADRAは日々教育支援に取り組んでいます。

ADRA Japan