アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

現地の声

衛生啓発活動~キッズコンテスト~

難民を助ける会は、首都から2時間のハイバル・パフトゥンハー州ノウシェラ郡にて、小学校の教室や図書室の増築、また手洗い場やトイレ、井戸の設置等を行っています。同時に、それらの設備を正しく使用・管理するために必要な衛生観念を身につけてもらうための衛生啓発活動を行っています。

voice_aar_01.jpgvoice_aar_02.jpg

家庭や小学校教育の中で継続的に子供たちに衛生教育を行っていけるよう、私たちはまず教師や保護者に対してトレーニングを行いました。彼らは4日間のトレーニングを受け、正しい手洗い・歯磨き、またトイレの使い方等の衛生に関する知識や、これらを子供たちに伝えるために必要なスキルを学びました。その後、トレーニングを修了した教師たちが、講義や実践を通して子供たちにこれらの知識を教えていきました。

voice_aar_03.jpg現在は各学校で「キッズコンテスト」を開催しています。この「キッズコンテスト」は、高学年の子供の代表が、低学年の子供たちの前でデモンストレーションやスピーチを通して、学んだことを披露するというものです。私たちは彼ら代表を「キッズプロモーター」と呼んでいます。このコンテストを通して、低学年の子供たちはキッズプロモーターから衛生に関して楽しく学ぶことができます。


voice_aar_04.jpg 今回は、ヘシキパヤン女子小学校のキッズコンテストで一位に輝いたイクラちゃん(12歳)のコメントを紹介したいと思います。「先生がデモンストレーションを多く取り入れて教えてくれたので、とても楽しく学ぶことができました。学校の友達だけでなく、私の家族にも学んだことを伝えました。コンテストに向けて一生懸命練習してきたので、一位になることができてともて嬉しいです。みんなの代表として、小さい子供たちにも教えていく責任があると思っています。」イクラちゃんのパフォーマンスを見ていた低学年の子供たちは、彼女の「正しい手洗い」を真似して一生懸命に手を動かしていました。このような楽しいイベントを通して、学校や家での毎日の実践の際に、子供たち同士で教え合い学べる環境ができればと考えています。

難民を助ける会