アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2014年2月の関連ニュース

博物館と文化センターを建設:バーミヤン

アフガニスタン中央部のバーミヤン州において博物館と文化センターが建設されることが、2013年12月17日にカブールで公式発表された。博物館用の土地はアフガン政府が提供し、建設資金540万ドルが韓国政府から提供されることになる。同資金提供協定は同日に国連代表韓国大使とアフガニスタン文化・情報大臣サイード・マクヅーム・ラヒーンによって署名された。

関係者によると、博物館ではモダンな空間で考古学的人工物や民芸品が展示される予定とのことである。このプロジェクトの目標はアフガニスタンの新世代へ、自国の歴史に関する知識を提供し、加えて世界各国から観光客を引き寄せることである。また、文化センターでは、伝統工芸や手芸品作りの技術研修の実施も計画されており、女性や少数民族の参加や、雇用の拡大、輸出の促進への貢献も期待されている。

【出典】 Good Afghan News 2013年12月17日
http://www.goodafghannews.com/2013/12/17/museum-and-cultural-center-to-be-built-in-bamiyan/

【出典】 UNESCO 2013年12月17日
http://whc.unesco.org/en/news/1098

子ども文学フェスティバル ~学んで、創造力と読解力を広げよう~

昨年、教育を受ける権利を主張し、最年少でノーベル平和賞候補になったパキスタンの少女マララについて、記憶に残っている人は多いのではないでしょうか。そのマララの出身地であるパキスタンのスワート郡を先駆けとし、パキスタンの7つの地域で文学フェスティバルが開催され、延べ130,000人以上の子ども達が参加しました。子どもだけではなく、青少年、教育者や親を交えて、創造力の向上と地域の人達に「学ぶこと」の大切さを知ってもらうことが目的です。スワート郡では、凍てつく寒さの12月に開催されましたが、どの子ども達も、本やコンピューターなどを使った物語や伝統的な文化紹介の催しものに、興奮し、笑顔をたやさない姿に、校長先生は「このイベントは、子ども達の創造力の向上ばかりでなく、閉ざされた心まで解き放してくれた」と絶賛しました。これらのイベントは、今年の2月まで行われる予定です。一人一人が力を合わせて、子ども達に「学ぶ」環境を広げていくこと、それが今パキスタンに必要なことなのです。

子ども文学フェスティバル

【出典】 2013年11月1日
http://www.dawn.com/news/1053357/childrens-literature-festival-schooling-away-from-schools

【出典】 2014年1月8日
http://www.nation.com.pk/islamabad/08-Jan-2014/seven-children-s-literature-festivals-attracted-130-000