アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2013年5月の関連ニュース

バブール庭園訪問者70万人突破!

バブール庭園カブール西部に位置する歴史的な庭園、バブール庭園の2012年の訪問数が70万人を超えたということが判明しました。バブール庭園は、ムガール王朝の創始者であるZahiruddin Muhammad Babur(バブール)によって1528年ごろに建設されました。11.5ヘクタールほどの広大な敷地の中にあり、山の傾斜に作られているため、美しい町の景色を一望できる人気の観光スポットです。

庭園は長い時を経て風化し、また戦争で壁や木々が破壊され、一時荒廃してしまいましたが、2002年3月に、アガ・カン信託会社が庭園とその周りの景観や建物を復元する大規模な事業を開始し、モスクなどの文化遺産の保存や都市の再生、コミュニティの開発などを行いました。これにより、灌漑システムが導入され、ヒノキやセイヨウミザクラザ、サンザシなど、昔からカブールに存在する数千もの木や植物が植えられました。また、遺跡の発掘結果に基づき、テラスや小道、階段なども復元されました。

これらの努力が実り、バブール庭園を訪れる人の数は年々増え続け、カブールの最も人気のある観光スポットの一つとして不動の地位を確立しています。

【出典】2013年5月10日 ウェブサイトより
"700,000 people visited Bagh-e-Babur", Afghanistan Times
http://www.afghanistantimes.af/clipping_details.php?id=18

【参考】
http://www.afghanembassyjp.com/jp/life/?pn=128
http://whc.unesco.org/en/tentativelists/5469/

アフガニスタン人が2013年世界の思想家トップ10の
    第二位に選ばれました!

イギリスの著名誌Prospectが毎年行っている最も優れた実践的な思想家を選ぶ投票が今年も行われ、アフガニスタンのアシュラフ博士(Dr. Ashraf Ghani Ahmadzai)が2013年世界の思想家トップ10人の中で第二位に選ばれました。外国からの治安権限移譲に関する調整を担当するアフガニスタン移行調整委員会の委員長を勤めている同博士は、カブール大学学長を歴任した著名なエコノミストですが、イラク戦争時には財務大臣を務め、2009年の大統領選挙では大統領候補にもなった有名な政治家でもあります。

アシュラフ博士因みに、第一位はイギリスの有名な生物学者ドォーキンズ博士(Dr. Richard Dawkins)、5位と7位にはノーベル経済学賞を受賞したクルーグマン博士(Dr. Paul Krugman)とアマルティア・セン博士(Dr. Amartya Sen)が選ばれています。100か国以上から約1万人がネットで投票して選ばれた『世界の思想家トップ100人』には幾多のノーベル賞受賞者もいますが、彼らを抑えての堂々の第二位入りは、治安情勢不安などで暗い気持ちになりがちなアフガニスタンの人々にとって誇るべき明るいニュースです。アフガニスタンで支援活動を行っている外国人の私たちにとっても、非常に嬉しいニュースでした。

【出典】2013年4月24日
http://www.prospectmagazine.co.uk/world-thinkers/ashraf-ghani-world-thinker/
http://tolonews.com/en/afghanistan/10316-ashraf-ghani-ahmadzai-among-100-top-thinkers
http://edge.org/