アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2013年3月の関連ニュース

2013年3月6日 サッカーAFC チャレンジカップでアフガニスタン代表が貴重な勝ち点1

アフガニスタンでも子どもたちに人気のあるスポーツ、サッカー。同国のサッカーに関する明るい話題をひとつお届けします。

2014年にモルジブで開催されるサッカーのアジアサッカー連盟(AFC)主催のチャレンジカップの予選で、3月6日にアフガニスタンはラオスと、アウェーのラオス国立競技場で対戦し、1-1の引き分けに持ち込みました。試合は前半30分にラオスに先制され、その後前半40分にアフガニスタンのキャプテンが2枚目のイエローカードで退場になりましたが、一人少ないアフガニスタンは後半13分にストライカーのサンジャール・ムハンマド・アハマディが同点ゴールを決め、引き分けに持ち込みました。

AFCチャレンジカップはAFCが主催する国際大会で、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング下位のナショナル・チームが参加する大会です。

この試合は引き分けに終わったものの、アフガニスタンは3月2日に行われた対スリランカ戦、3月4日に行われた対モンゴル戦にそれぞれ1対0で競り勝っているため、勝ち点7でグループCの首位を堅持、2位は勝ち点5のラオス、スリランカが勝ち点3、モンゴルが勝ち点1で最下位となりました。

これによって、アフガニスタンは来年モルジブで開催されるAFCチャレンジカップの決勝大会に進出が決定しました。8チームによる決勝大会で優勝すれば、2015年オーストラリアで開催予定のAFCアジアカップ本大会に参加できます。なお、日本はAFCアジアカップの2011年大会優勝国であり、2015年のアジアカップ本大会に出場します。もしかすると2015年にはアフガニスタン代表対日本代表の試合が見られるかもしれない??

詳細は下記のホームページ参照(英語)
http://www.the-afc.com/en/tournaments/men/afc-challenge-cup.html 

おまけ:アフガニスタンはAFCチャレンジカップの予選を突破したことにより、2013年3月のFIFA World Ranking(国際サッカー連盟のランキング)で前月の190位から48も大きくランクを上げ、141位になった(日本は2013年3月 現在26位)。

http://www.the-afc.com/en/tournaments/men/afc-challenge-cup/25476-afghanistan-the-biggest-movers-in-fifa-ranking-140313.html

35%のアフガン人は寄付をしている

少し古いデータですが、2010年にギャラップという米国の世論調査の会社が、153カ国の15歳以上の市民に対して、「過去1か月の間に寄付をしましたか?、ボランティアをしましたか?見知らぬ人を助けましたか?」という質問を、1カ国につき人口の大きさに応じて500人から2000人に対してする大規模な調査を行いました。

アフガニスタンと日本の結果は以下のとおりです。
過去1か月の間に、

  アフガニスタン 日本
寄付した人 35% 17%
ボランティアをした人 23% 23%
見知らぬ人を助けた人 55% 25%

見知らぬ人を助ける割合がアフガンが2倍なのはわかります。そもそも日本では見知らぬ人を助ける機会が少ないので。

寄付する人もアフガンは日本の2倍となっています。(もちろん、東北の震災以降、日本の寄付する人は大幅に増えたと思いますが)。理由としては、この調査の寄付先は、NGO,NPOだけでなく、宗教施設や住民組織も含まれているので、モスクや、学校、村の道路をよくするなどコミュニティへの寄付も含まれていることあげられます。アフガニスタンの人たちは、外国の援助に頼っているのではなく、自分たちで助け合っていることを調査結果は示しています。

また、153カ国のデータの分析結果として、人が寄付をするかしないかは、収入の多さよりも、幸福感の度合いの方が相関関係が強いと述べています。つまり、寄付は、論理的な行為(善か悪か)というよりも感情的な行為(したいかしたくないか)であると結論づけています。

【出典】World Giving Index 2010, Christian Aid Foundation
https://www.cafonline.org/pdf/WorldGivingIndex28092010Print.pdf