アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2012年11月の関連ニュース

日本パキスタン国交樹立60周年記念

2012年は日本とパキスタンの国交樹立60周年です。

この記念すべき年に両国の更なる相互理解を促進するため、パキスタン国内では様々な記念行事が行われています。大江博大使と日本の4人の音楽家によるリサイタルから始まり、日本映画祭、写真展、武道の歴史、生け花ワークショップまで、あらゆるレベルでの文化交流が企画されています。在パキスタン日本大使館の磯村参事官は「これらの文化レベルでの交流は二国間の強い繋がりを証明するものであり、パキスタンと日本の人々を今後さらに近づけるために大いに貢献することでしょう」とコメントしています。また、2011年2月にザルダリ大統領が日本を訪問した際に菅総理大臣(当時)と署名した「日本・パキスタン共同声明~日パキスタン包括的パートナーシップに関する共同声明~」の中でも、両首相は2012年の両国の外交関係樹立60周年を適切な形で祝うことで一致しています。

【出典】
http://www.thenews.com.pk/Todays-News-6-141077-Japanese-embassy-gears-up-for-cultural-extravaganza

アフガニスタン、14年4月に大統領選挙

アフガニスタンの選挙管理委員会は31日、首都カブールで記者会見し、カルザイ大統領の任期満了に伴う大統領選挙を2年後の2014年4月5日に行うと発表しました。

01年に旧タリバン政権が崩壊した後に実施される大統領選は今回が3回目。アフガニスタンの憲法では、大統領の任期は2期までと定められていて、タリバン政権崩壊後、大統領を2期務めているカルザイ大統領は立候補できず、次の選挙は国の新しい指導者を選ぶ重要なものになります。

前回の大統領選挙では、カルザイ大統領の陣営を中心に大量の不正投票も発覚して大きな混乱を招いたため、次の選挙を安全で公正に実施できるかどうかが、アフガニスタンの安定に向けて大きな課題となりそうです。

アフガニスタンの大統領選挙の日程が決まったことについて、駐留する国際部隊を率いるNATO=北大西洋条約機構のラスムセン事務総長は、声明を発表し、「アフガニスタンにとって、歴史的な節目になる」として、公正な選挙の実現に向けて、支援する姿勢を示しました。

NATOは、アメリカ軍を中心とした10万人規模の部隊について、2014末までに戦闘部隊をすべてアフガニスタンから撤退させる計画を進めており、その前に行われる大統領選挙が、公正で安全に実施されるかどうかは、撤退の計画にも影響を与えるとみられています。

【出典】NHK