アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2012年8月の関連ニュース

アフガニスタンの人々を変えていく!

アフガニスタンでは長年の戦争が終わり、平和と将来への希望を胸に難民としてパキスタンやイランなどに移住した人々も帰還するようになった。以下は、アフガニスタン人でありながらパキスタンに居住していた歴史哲学者が、長年ぶりにアフガニスタン各地を訪問して述べた、アフガニスタンの状況に関する考察である。

・地域社会や政界、どこにおいても、民族間での差別や不平等感がある。
・官僚はどの階層においても自分の利益優先で、汚職が当たり前になっている。
・海外からの援助は実際のところ20%ほどしか活用されてないようである。残り80%は開発業者(developers)に食いつぶされている。本来はこれら開発業者を管理すべきであるアフガン政府側もこれら業者と一緒に汚職をしている。
・アフガニスタンは外国勢力の争いの場になっており、外国勢力はアフガニスタンの平和と再建よりも、自分たちの利益や目的の達成をより重視しているようだ。
・官僚、部族の首長、過激派、民兵や地域社会のリーダーは、アフガニスタンやアフガニスタン市民のためではなく、個人の利益のために活動している。そのため、アフガニスタンという国はみんなから見放された孤児のようだ。
上記の考察は非常にショックであり、アフガニスタンの今後を心配させる。しかしながら、彼の考察は私たち、アフガニスタンの市民自体が変わる必要を示唆しており、重要である。

もし、アフガニスタン市民が、誠実なリーダーを求めるなら、まずは自分たち自身が変わらなければならない。同時に、政府に全てを期待するのではなく、国民として一人一人が義務を果たさなければならない。現在、40の先進国から援助を受けているが、もしもアフガニスタンの状況に進歩がなければ、これはこれらの援助の問題でなく、アフガ二スタンの国民の問題といえよう。

しかしながら、アフガニスタンの現状は悲観的なことばかりではない。見返りなしに働くアフガニスタンの大多数の労働者層の存在には明るい期待が持てる。アフガニスタンが先進国になるためには、険しい道を堅実に進んでいくしかなく、アフガニスタンの国民がそれぞれの持ち場で義務を果たしていくしかない。国民を変えていくことは大変難しいが、教育によってそれは可能である。教育機関が人々を変えていく重要な役割を果たし、教育を受けた市民が国の将来を変えていくことができる。

【出典】
http://outlookafghanistan.net/topics.php?post_id=5151

女子の学校を再開させるための女性のデモ

ワルダック州の州都、メイダン・シャールで各地から集まった300人の女性が女子校の再開を求めた。女性たちは軍部に女子教育の門戸を開き、女性の権利を認めることを求め、アフガニスタンの女性団体と女性省の調整の下、会議の後にデモ行進を行った。会議とデモの後には女性への暴力排除、女性の人権、紛争の終結と平和への過程の中での女性の登用を訴える決議が出された。

参加者の一人のShabanaは、デモの目的はどのような状況下でも権力に屈することなく女子が学校に通うことを要求すること。紛争は治安の悪化、死、飢え、文盲、破壊しかもたらさず、アフガニスタンの子供たちは将来のために教育を必要としていると訴えた。

【出典】
http://www.pajhwok.com/en/2012/08/15/women-rally-reopening-girls%E2%80%99-schools

金メダルよりも大切なこと - アフガニスタン・オリンピック代表唯一の女性選手

ターミナ・コヒスタニ(Tahmina Kohistani)はロンドンオリンピックに出場する6人のアフガニスタン代表選手のうち唯一の女性選手だ。陸上の短距離走者であるコヒスタニは、8月3日、陸上女子100メートルの予選に出場。残念ながら結果は最下位であった彼女の目には一筋の涙とすがすがしい笑顔があった。

ロンドンに辿りつく前、コヒスタニさんはアフガニスタンの首都カブールにあるスタジアムで練習をしていたが、女性がスポーツをすることを好ましく思わない人も多く、女性は家にいるべきだとの批判も多く受けていた。自宅からスタジアムへ向かうためタクシーを拾おうとする彼女に、「あんたを乗せる訳にはいかない」と乗車を拒否されることもあったと言う。

「メダルには手が届かなかったが、競技に出ることでアフガニスタンの女性の新たな道を開くことができればうれしい。女性だって家の外に出て、互いに協力しあうことで、様々問題や障壁を乗り越えることができると、アフガニスタンの女性に伝えたいです。」とコヒスタニは語った。

【出典】
http://blogs.voanews.com/breaking-news/2012/08/06/olympic-sprinter-hopes-to-pave-the-way-for-afghan-women/ 

http://www.bbc.co.uk/sport/0/olympics/19150275