アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

2012年6月の関連ニュース

世界難民の日 in パキスタン

6月20日が、世界難民の日というのはご存知ですか? 世界中に、国境を越えたいわゆる"難民"が、1,520万人います。その難民数の第一位は、アフガニスタン難民で266万人です。その内の170万人が、パキスタンに逃れて生活しています。(2012年6月18日UNHCR発表) 6月20日、世界難民の日に、パキスタンノウシェラ郡のアコラカタック地域で、アフガニスタン難民とその難民を受け入れているアコラカタック地域住民の、花束を交換する式典が行われました。この式典は、難民の人たちへの励ましと勇気と強い意志を込めて、1979年から33年間、毎年続けられています。33年を経た今年の演説で、パキスタンのノウシェラ郡代表は、この日は、すべての人たちに、21世紀の難民が抱える問題を知ってもらう日であり、この花束交換は、アフガニスタンとパキスタンとの親善と固い絆を示していると述べました。

【出典】
http://www.pakistantoday.com.pk/2012/06/21/news/national/world-refugee-day-marked-with-exchange-of-flowers/

バレーボールパキスタン代表、オリンピック最終予選へ

男子バレーボールパキスタン代表は、6月2日カタールへ向けて出発した。 パキスタンは6月3日から始まるカタールとの3試合の後、ブルガリアへ移動し、オリンピック最終予選を戦うことになる。

パキスタンは世界ランキング等に基づく国際バレーボール連盟のチーム振り分け方式により予選参加国として選出された。ブルガリアの最終予選では、ホスト国であるブルガリアの他、強豪国であるエジプト・フランスが出場する予定。

アジアからはインドも最終予選参加国として選出されており、同国はベルリンでの予選に出場する。各最終予選で1位になった国がロンドンオリンピックへの切符を手にすることになる。パキスタン代表チームにもオリンピック出場の可能性があり、ブルガリア予選への注目が高まっている。

【参考】
DAWN.com