アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

パキスタン流マンゴーのおいしい食べ方

リンゴ、ブドウ、桃、梨、イチゴ、ミカン、等々、パキスタンでは一年を通して果物を楽しめます。中でも最も有名でパキスタン人の皆さんも自慢に思っているのはやはりマンゴーでしょうか。マンゴーについては2014年8月の関連ニュースでもご紹介しましたが、パキスタンの果物の王様と呼ばれています。
http://afpk.japanplatform.org/information/2014/08/

日本でも最近はスーパーでパキスタンから輸入されたマンゴーが1個500円という値段で売られていると聞きましたが、もちろん本場のパキスタンではもっと安い値段で売られていて、首都イスラマバードの街頭で買い求めた時には1キロ当たり150ルピー(約180円)位で、5~6個が手に入りました。それでもパキスタン人スタッフに聞くと、そんなものではない、もっと安い値段で手に入ると言われてしまいました。

街頭で山盛り販売中
街頭で山盛り販売中

AAR Japanイスラマバード事務所のマンゴー
AAR Japanイスラマバード事務所のマンゴー

このマンゴーのパキスタン流のおいしい食べ方はご存じでしょうか。もちろん日本と同じ様に皮をむいて実の部分をカットして...という食べ方もあるのですが、パキスタン流の食べ方はもっと豪快でした。

最初はひたすら両手で揉みます。
最初はひたすら両手で揉みます。

揉んで揉んで、ひたすら揉んで。まるでマッサージでもしている様に見えます。
揉んで揉んで、ひたすら揉んで。
まるでマッサージでもしている様に見えます。

こうして揉んでいると中の果肉が柔らかくなります。
こうして揉んでいると
中の果肉が柔らかくなります。

外の皮をつまんで触ってみて、中まで柔らかくなっているのが確認できたら。
外の皮をつまんで触ってみて、
中まで柔らかくなっているのが確認できたら。

小さな穴を開けて、そこから中身を吸います。果肉100%マンゴージュースですね。
小さな穴を開けて、そこから中身を吸います。
果肉100%マンゴージュースですね。

きれいにいただいた後には中身はタネと皮だけになります。
きれいにいただいた後には
中身はタネと皮だけになります。

ごちそうさまでした。食べ方を教授してくれたスタッフにも感謝です。

残念ながらAAR Japanの活動地はマンゴ-の産地ではないのですが、8月下旬の今はトウモロコシや葉タバコの葉っぱなどの商品作物が盛りの季節になっています。

活動地付近のトウモロコシ畑とウシ
活動地付近のトウモロコシ畑とウシ

2015年9月1日
AAR Japan [難民を助ける会]