アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

食材を買おう

ユーラシア大陸のほぼ中央に位置するアフガニスタンは、古来より中国、インド、中東、トルコなど多くの文化が行き交い、混ざりながら豊かな文化を形成しています。もちろん、食文化も豊かです。人々の日々の食卓を支える市場では、様々な食材を購入することができます。

食材を買おう①

まずは、パン屋、もといナン屋。アフガニスタンの主食はナンと呼ばれるパンです。ナン屋の前を通ると、いつも焼きたてのナンが山のように積まれています。ナン屋によってこだわりがあり、日本人が○○のお米がおいしい!というように、アフガニスタン人にも人それぞれお気に入りのナンがあります。

食材を買おう②

AARカブール事務所職員は、こんなに巨大なナンがお気に入り。

食材を買おう③

続いて、お肉屋。新鮮なお肉が並べられています。国民のほとんどがイスラム教徒なので、豚肉はありませんが、羊肉はよく食べられます。料理の方法も様々でカバブと呼ばれる串焼きや、コフタと呼ばれるハンバーグのような肉団子、煮込み料理などもあります。鶏肉も人気があり、ナッツやレーズンなどと一緒にお米を炊き込んだパラオ(ピラフ)は絶品です。

食材を買おう④

肉ばかり食べていてはバランスがよくありません。ということで、続いては八百屋さん。そのままサラダのように食べることもありますが、人気があるのはブラニと呼ばれる煮込み料理。ヨーグルトと一緒に提供されます。また、名前は似ているけどボラニというのは、野菜を生地に包んで揚げた料理。そのほか、カライという鍋料理もあります。

食材を買おう⑤

最後は果物屋さん。肉や野菜、そして大量のナンを食した後に、デザートが出されます。人気があるのは、フェルニと呼ばれるカスタードのようなもの。もう、これ以上胃袋に入りませんというところで、様々な新鮮なフルーツが出されると、それでもついつい手が伸びて食べてしまいます。

食材を買おう⑥

豊富な食材を駆使したアフガニスタン料理の数々が揃いました。みんなで一緒にいただきます!

2015年5月15日
AAR Japan [難民を助ける会]