アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

住めば都

アフガニスタンではバーミヤンの大仏は有名ですが、その大仏があった跡地の周辺に見かける洞窟は何かご存じでしょうか。

住めば都①

実は、住居として使われているものもあるんです。

住めば都②

昔からバーミヤンにはこれらの洞穴を住居として利用し生活している人々もいます。一見、住みにくいように見えますが、部屋として夏は涼しく、冬は暖かく、とても快適に過ごせるようになっています。一般的な住居のように出入口には戸を付けることもあります。そして日本と同じように入口で靴を脱ぎ、中へ入ります。

住めば都③

住めば都④

複数の洞穴を用途別に使用している家族もいます。
例えば、台所(左下)や寝室(右下)です。

住めば都⑤
台所

住めば都⑥
寝室

親や兄弟、その子どもたちなど、みんなが集まるのは、居間になります。

住めば都⑦

こんな住居ですが、不便なのは給水設備がないことです。そのため、近くの川や給水施設があるところで水を汲み、水置きの部屋に保管しておきます。

住めば都⑧

「住めば都」多少の不便さも気にならず、バーミヤンの人々は逞しく生活しています。

2015年4月15日
ADRA Japan