アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

2015年クリケット・ワールドカップ開幕!~注目のパキスタン対インド戦~

クリケット・ワールドカップパキスタンの国民的人気スポーツと言えば、何といってもクリケット。日本では知名度が低いクリケットですが、イギリス発祥のこのスポーツは、世界での競技人口がサッカーに次いで2番目に多いと言われています。

そんな大人気のクリケットなのですが、今年2015年はICC(International Cricket Council: 国際クリケット評議会)第11回クリケット・ワールドカップ開催の年です。サッカーと同様に4年に一度行われるワールドカップ、今年は2月14日から3月29日まで、オーストラリアとニュージーランドの共催で行われます。今回の出場国は以下の14チームです。当然ながら、出場国はいわゆるイギリス連邦加盟国が大半を占めています。

オーストラリア、イングランド、ニュージーランド、パキスタン、西インド諸島、
インド、スリランカ、ジンバブエ、バングラデシュ、南アフリカ共和国、アイルランド、
アフガニスタン、スコットランド、アラブ首長国連邦

グループステージでは、以上の14チームが2組に分かれて試合を行い、上位4チームが決勝トーナメントに進出できます。

そこで、クリケット国際マッチで最も熱狂的な盛り上がりを見せる「宿命のライバル」パキスタン対インド戦が、第2日目(2月15日)に行われました。歴史的背景からお互いをライバル視する両国ですが、これまで行われた2国間の126回の試合では、パキスタンが72勝で一歩リードしています。一方、ワールドカップという大きな舞台では、パキスタンはインドに一度も勝利したことありません。1992年、1996年、1999年、2003年、2011年ワールドカップでの計5試合にわたり、全敗なのです。さらに、1975年に初めて開催されて以来、パキスタンは1992年に一度優勝していますが、インドは2度の優勝を収めており、前回の2011年ワールドカップのディフェンディング・チャンピオンでもあります。

2月15日、オーストラリアの「アデレード・オーバル」クリケット場で開催されたパキスタン対インド戦。
2月15日、オーストラリアの「アデレード・オーバル」クリケット場で開催されたパキスタン対インド戦。

しかしながら、今年もこの流れは変わることなく、300対224の最終スコアでインドがパキスタンを下すという非常に残念な結果となりました。4年に一度来るこの大事な試合、10億人もの人々が世界中で観戦したと言われていますが、パキスタン国民にとっては痛恨の一撃です。最大都市のカラチでは、熱烈なサポーターが悔しさと怒りのあまりに、街中でテレビを粉々に打ち壊すという事件も発生したそうです。

3月末までは、クリケットと愛国心に夢中になりそうなパキスタン。宿敵インドには負けてしまったものの、果たして20年以上ぶりに優勝できるでしょうか?

【引用元】
2015年2月15日BBC Sports
"Cricket World Cup 2015: India & Pakistan fans usurp the limelight"
http://www.bbc.com/sport/0/cricket/31479487

2015年2月15日NDTV Sports
"World Cup: Angry Pakistan Fans in Karachi Smash TV Sets After India Loss"
http://sports.ndtv.com/icc-cricket-world-cup-2015/news/237602-world-cup-angry-pakistan-fans-in-karachi-smash-tv-sets-after-india-loss

2015年3月15日
AAR Japan [難民を助ける会]