アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

大地震後の生活

パキスタンの人々は、数年前に数千人の死者を出し、大規模なインフラの破壊を引き起こした2つの大地震をまだ鮮明に覚えています。ジェンは両方の地震の際に人道支援のために出動し、コミュニティーをサポートしてきました。最初の地震は2005年にカシミール地方で起こり、ジェンは3年間被災地で支援を実施しました。二番目の地震は2008年にバロチスタン州のジアラットで起こりました。これら2つの地震には共通点があります。両方とも冬がくる直前に、そしてアクセスが非常に難しく冬には必ず雪が降る山岳地帯で発生したことです。

先日、ジェンの現地スタッフがバロチスタン州ジアラットを訪れた際、2008年の地震で被災した方の現在の生活を見ることができました。

ジャラットさんはジアラットのカッチ地区の貧しい農民です。彼の住まいは2008年の地震によって完全に破壊されました。ジャラットさんには90歳の母と、妻と子どもがいます。地震発生後、ジェンはJPFの助成により、緊急人道支援を実施し、ジャラットさんを含む被災者の方々へ、冬用テント、衛生キット、キッチンセット、そしてがれき処理キットを配布しました。ジェンがテントの設置をサポートした後、ジャラットさんはすぐに家族と一緒にテントに移りました。

ジャラットさん

先日ジェン現地スタッフが数年ぶりにバロチスタン州を訪問した際、偶然にも道端でジャラットさんに会いました。ジャラットさんは、なんと現在もジェンが配布したテントを使用していると話し、ジェンスタッフを家に招待してくれました。中に入ったスタッフは、5年前に提供したテントがまだ使用されており、ジャラットさん一家が今でも住み続けている様子を目の当たりにして大変驚きました。また、ジャラットさんは複数の家族とテントを共有していることも教えてくれました。

ジャラットさんのテントの中の様子

2008年の震災後、ジャラットさんは自分の家を建てたそうですが、まだ夜はテントで子ども達と寝ているそうです。ジェンスタッフがその理由を尋ねると、彼は分からないと答えました。もしかすると、ジャラットさんはまだ地震の時のトラウマを抱えていて、大きな屋根の下で寝ることに不安を感じているのかもしれません。パキスタンでは地震や洪水などの自然災害が毎年のように発生し、そのたびに貧困状態で暮らす人々の生活に大きな打撃を与えています。しかしながら、今回のジャラットさんとの再会によって、被災した方々が受けた支援を活かして一生懸命生活する様子が見て取れました。

JEN