アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

難民キャンプの子どもたち

アフガニスタン難民省の統計によりますと、カブール市周辺には南部などの紛争地から逃れてきた人びとが生活する難民キャンプが23ほどあります。そこでは、約2500世帯、推定1万1000人の人びとが生活しています。

ハシュマット君の兄弟キャンプの子どもたちの生活は過酷です。5年前からバガエダウッド難民キャンプに住むハシュマット君は9歳。5人兄弟の一番上なので、弟や妹の面倒を見るのが仕事です。両親からは、「兄弟のために食べ物を見つけてきなさい」といつも言われています。

難民キャンプにNGOが作った遊具で遊ぶ子どもたち朝6時に起きて、紅茶とパンを一切れ食べて近くの学校に通います。ときにはカブール市内で靴磨きや洗車、物乞いをして家族のためのお金を稼ぎます。

「今年はビスケットや小麦を支援してもらって、それでお母さんがナンを作ってくれたのでうれしかった」とハシュマット君は笑いながら日本ユネスコ協会連盟が行った支援について話してくれました。

日本ユネスコ協会連盟