アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

アフガニスタンの出産

セーミンさんは、ワールド・ビジョンの支援を受け、アフガニスタン政府が運営するヘラート助産師養成学校で学んでいる女性です。高校を卒業した彼女は、ヘラート州の田舎の村で初めての助産師となるべく、現在専門の教育を受けています。

ワールド・ビジョンが実施している家庭における新生児ケアの研修の様子養成学校での1年の課程を修了した夏休みのある日、セーミンさんは村の近所の妊婦さんの容態が良くないと知らせを受け、様子を見に行きました。その妊婦は、「さい帯脱出」という胎児の命に関わる危険な状態に陥っていることを発見しました。セーミンさんは一刻も早く、妊婦を病院に連れて行くよう説得しましたが、その家族は妊婦が緊迫した状況にあることを理解できず、自宅での出産にこだわり、妊婦を病院へ連れて行こうとはしませんでした。

授乳についてアドバイスをする助産師それでも、セーミンさんの辛抱強い説得のおかげで、その妊婦は何時間もかかる道のりを経て病院に連れて行ってもらうことができ、病院で帝王切開によって無事に出産することができました。医者は、もし病院に来なかったら妊婦も胎児も命がなかったことを告げました。それを聞いた妊婦の家族は、セーミンさんに心から感謝し、助産師になる彼女の夢を応援するようになりました。

ワールド・ビジョン・ジャパン