アフガニスタン/パキスタン人道支援サイト|ジャパン・プラットフォーム(JPF)

このサイトは、緊急人道支援を行う認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)が運営しています。

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

published by ジャパン・プラットフォーム(JPF)

文字サイズ 小 中 大

アフガニスタン・パキスタン人道支援 プログラムアーカイブ

アフガニスタン・パキスタン人道支援

日常の紹介

シューラ:イスラム国家アフガニスタンでみつけた草の根民主主義のかたち

ADRAが建てた学校の前に集まった校長先生とシューラの長老たち。ここではコミュニティのための議論が大変活発に、しかしごく普通の日常として行われています。アフガニスタンには伝統的に村落や地区毎に「シューラ(Shura)」という男性長老の集会が多数存在し、地域の様々な問題を協議したり、紛争の調停、行政の監視や助言等を行っています。シューラは地域コミュニティに対し大変強い影響力を持っており、アフガニスタンで事業を行う際には彼らとの協議、合意形成が欠かせません。

ADRA Japanがこの3月、首都カブールの13地区に建設した学校を視察した際も、学校前に集まったシューラの長老が校長先生と一緒に同地区の教育行政について熱心に議論している最中で、私たちADRAスタッフも加わって、教育支援に対する今後の対応を協議しました。牧歌的ともいえる青空集会の日常の風景の中にアフガニスタンの草の根民主主義のかたちを発見した、そんな気持ちでした。

ADRAスタッフとの議論も白熱し、30分以上に及びました。地元のことを最もよく知り、また、最も愛しているシューラの存在があってこそ、地域の人々のニーズに応える事業ができるのだと実感しています。最近、女性の人権擁護と不平等是正を目指すシューラも女性たちによって作られたそうです。

一見、近代化とはかけ離れた土着の制度にみえますが、今後のアフガニスタンの近代化と民主主義の発展に欠かせない存在であるシューラの今後に期待です。

ADRA Japan